k_piの雑記帳

個人的に困った点と、その解決法などをつらつら書き連ねた備忘録を兼ねたブログ

【小ネタ】NUC(NUC7PJYH)でHDMIから音が出ないトラブルに見舞われた件

【概要】

NUC(NUC7PJYH)にDebian stretchを導入しKodiをインストールしたのだが、HDMIから音声がうまく出力されなかった。

インテル® NUCの Linux *サポートを見てみるとDebianはサポートに入っていないのであきらめかけていたが、
どうやらstretchのカーネルが古いだけだったようで。。。

【行った作業】

  1. /etc/apt/sources.listにbackportsリポジトリを追加
    /etc/apt/sources.listをnano等で開き、以下を追加する。

    deb http://ftp.jaist.ac.jp/debian/ stretch-backports main contrib non-free
    deb-src http://ftp.jaist.ac.jp/debian/ stretch-backports main contrib non-free
  2. カーネルをbackports版を導入
    sudo apt-get -t stretch-backports install linux-image-amd64

    を実行しカーネルをアップデートし、再起動するだけ。

【結果】

結果としてはカーネルを4.9+80+deb9u6→4.19+101~bpo9+1に更新すると、何事もなく音声が出るようになった。
最初はどうやっても pavucontrolでの表示がunpluggedだったりして、カーネルの更新に行きつくまで時間が掛かってしまった。。。

 

製品紹介(Amazon.co.jpアソシエイト)----------------- 

NUCでChinachu γの安定動作ができた件

【概要】

前回、RaspberryPi3に導入しようとしていたChinachu γをNUCにインストールした。
この結果、安定的に動作することが確認できた。
やはり一定以上のスペックは必要なようだ。

【作業環境・パッケージ】

  • NUC (NUC7PJYH)
  • Debianカーネル:4.19.12-1~bpo9+1)(NUC7PJYHのHDMI Audioに対応させるためBackports版を利用)
  • Nodejs v10.15.1
  • Mirakurun 2.8.4(コミット:ed205a71adb1486e9f0a634dccc7b234a9890206(2019/01/30))
  • Chinachu γ 0.9.5(コミット:721615b52fec4a5056a5f4769cc1faf52d9275a4(2019/02/06))

【行った作業】

続きを読む

とりあえずRaspberryPiにChinachu γを導入できた件

【概要】

前回、導入しようとして失敗したRaspberryPi3へのChinachu γインストールに再チャレンジした。
今回は動作までもってこれたので、前回の記事ではアドバイスのコメントを頂いたこともあり、とりあえずの成功報告兼忘備録として記事化しようと思う。
前回記事でコメントをくださったKGMさんと通りすがりさんに感謝致します!!

【作業環境・パッケージ】

  • RaspberryPi3
  • Raspbian (カーネル:4.9.35-v7+)
  • Nodejs v6.11.1
  • Mirakurun 2.5.5(コミット:5106df061143a492aae4ad7f2f0997b08dfefb8f(2017/06/14))
  • Chinachu γ 0.9.5(コミット:9ff5fe56f37245e272ac63082db36f8bafac14d9(2017/07/25))

【行った作業】

続きを読む

MSYS2を利用したffmpegのビルド方法

【動機】

前回、MSYS+MinGW-w64でffmpegをビルドしていたが、MSYSの後続プロジェクトのMSYS2なるものがあるらしく、
開発が継続中+パッケージ管理システムpacmanが利用できるという利点から、MSYS2を利用してffmpegをビルドしてみた。

(検索かけると、同じようなMSYS2を用いたffmpegのビルド方法があるので、何番煎じだよって感じだが、とりあえず、自分はこんな感じだったという感じのメモということで・・・)

 【使用ツール】

続きを読む

【2017/07/30追記】Mirakurun導入しようとしたら詰んだ話 (便利なので稼働させたかった・・・

【2017/07/30 追記】

後日再チャレンジし、とりあえずRaspberryPi3でChinachu γが動作しました

【Mirakurun導入の動機】

今まで、Raspberrypiでのrecdvbの予約にはcrontabを利用していたが、
野球中継などで番組が繰り下げになると無論追従できないのが面倒・不便だった。
Chinachuを導入すれば、繰り下げ追従もできるようだったが、
RaspberrypiへのNode.js最新版の導入など面倒臭いイメージがあったので避けていた。
しかし、多少時間ができたというのと、Chinachu γがリリースされたのを機に、Chinachuを導入してみることにした。

Chinachu γを導入するにあたっては、
Chinachu γはMirakurun依存型の設計になっていることから、
まず、Mirakurunを導入したが・・・。

【行った作業】

続きを読む

VPSを用いたVPNサーバーの立て方(IDCFクラウド編)

 【動機】

前回同様、中国+香港に行く際に、セキュリティやグレートファイアウォール(金盾)のことを考え、
VPNを準備しておいたのだが、色々考え自力でVPNサーバーを準備した。

今回は、IDCFクラウドVPNサーバーを立てた話をする。
(DigitalOceanで立てた話は前回記事を参照)

【概要】

今回は、IDCFクラウドを利用したVPNサーバー(strongSwan)の立て方を紹介する。
IDCFでは一番安いプランは月当り500円なのでDigitalOceanと同じ価格で、有料VPNサービスより安く、
課金は時間割で1日(24時間)であれば1×24=24円で済み、
月課金額500円に到達後(稼働から約21日後)は定額になる。

サーバーのロケーション(場所)は、

から選べる。
VPNの用途によってはむしろ海外がいいという場合があるだろうが、
この場合は前回記事のようにDigitalOceanを利用すればいいだろう。)

 【手順】

続きを読む

VPSを用いたVPNサーバーの立て方(DigitalOcean編)

 【動機】

最近、中国+香港に行く機会があったのだが、セキュリティやグレートファイアウォール(金盾)のことを考えると、
やはり、VPNを準備しておくべきだろうと考えたが、
VPN Gateといった無料サービスはボランティアに悪意のある人がいないとも限らないし、
セカイVPNHMAなどの有料サービスは短期利用では割高に・・・

また、既存のVPNサービスはグレートファイアウォール(金盾)で遮断されるリスクもある。

ということで、VPSを借りて自分でVPNサーバーを立ててやろうと考えた。

【概要】

今回は、DigitalOceanを利用したVPNサーバー(strongSwan)の立て方を紹介する。
DigitalOceanでは一番安いプランは月当り$5で、$1=110円であれば550円と有料VPNサービスより安く、
時間割で課金されるので1日(24時間)であれば$0.007×24=$0.168で済む。

サーバーのロケーション(場所)は、

から選べる。
日本が選択肢にないのが残念だが、IDCFクラウドにも立てたのでこちらに関しては後日紹介することとする。(かなり間が空くかもしれないが。。。)
次回記事を参照すること。(一週間で書けた(^。^))(11/27追記)

 【手順】

続きを読む